「ナースの星」では、よりよいケアを患者に提供したいという想いを持つ看護師を応援するために、定期的にWEBセミナーを開催しています。今回のテーマは「急性期病院における尿路感染症対策」です。 尿路カテーテルは留置期間が長引くほど感染リスクが高まります。在宅医療が必要な患者が増えていく中、尿路カテーテル感染対策に関する正しい知識と在宅も見据えた管理のポイントについて知ることは、急性期病院の看護師にとって重要であるといえます。今回、山形大学医学部附属病院感染制御部長 森兼 啓太先生に、CAUTIの発生機序から尿路カテーテル管理のポイントまで、わかりやすくお話しいただきます。感染対策チーム、排尿ケアチーム、リンクナースの皆様方のご参加を広くお待ちしております。

講演:急性期病院看護師が知っておきたい尿路感染症対策のポイント

講師:山形大学医学部附属病院 感染制御部長 森兼啓太先生

日時:2019年9月19日(木)  11:30~14:00/16:30~21:00

※本企画はWEBセミナーです。上記の時間のみ再生可能です。配信時間内にご都合に合わせてご視聴ください。

費用:視聴のみ無料/レジュメあり(白黒)1,500円/レジュメあり(カラー)2,500円

申込締め切り:視聴のみ→前日9月18日(水)    レジュメあり→9月8日(日)

対象:尿路カテーテル管理に携わる看護師および医療従事者の方

詳細はこちらへ