摂食嚥下障害者の食支援と多職種連携
~摂食嚥下機能のアセスメントと病態別食支援の工夫~

ナースの星では「よりよいケアを患者に提供したい」という想いを持つ看護師を含む医療従事者を応援するために、定期的にWEBセミナーを開催しています。

講師:大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能治療学教室 准教授 
     野原幹司 先生

内容:
食支援を多職種協働で行う意義
食形態の調整:嚥下機能評価・食形態の選択
嚥下リハビリ:多職種での協働~看護師の役割・言語聴覚士の役割・管理栄養士の役割~
病態別の食支援について:脳卒中・認知症・口腔トラブル・その他の疾患
食支援の具体的症例:患者特徴・貴社製品活用背景・経過について紹介

 

開催概要

日時:9月16日(水曜日) 

配信時間:11:30~21:00
※本企画は上記の時間のみ再生可能なWEBセミナーとなります。上記時間内は何度でも視聴可能です。

動画再生時間:約60分
費用:無料
定員:1,000名(先着順)
対象:医師、看護師、管理栄養士、言語聴覚士etc

 

お申込はこちらのフォームから