好評でしたセミナーが再配信決定しました!是非この機会にご視聴お待ちしております!

日本の医療機関としては希少な“ESPEN Diploma”(欧州臨床栄養代謝学会の栄養教育プログラム)を取得されている熊本リハビリテーション病院、サルコペニア・低栄養研究センター長の吉村芳弘先生にご講演いただきます。

リハビリテーション栄養の意義とアウトカムについて、またサルコペニア・フレイルを予防する目的での中鎖脂肪酸、MCTオイルを活用したパワーライスの使用など、現場で行なわれている栄養ケアの実際を詳しくご紹介します。早期受け入れ、早期社会復帰を目指して最先端のチーム医療にまい進する熊本リハビリテーション病院の栄養ケアに関する取組の実際を知ることで、日々の栄養管理の質向上、業務推進のためのヒントを得ていただけるのではと考えております。ぜひともこの機会にご聴講いただけましたら幸いです。

 

テーマ:『医療従事者が知っておくべきサルコペニアと低栄養の最新の話題』
演者:熊本リハビリテーション病院 サルコペニア・低栄養研究センター長
リハビリテーション科副部長 栄養管理部部長 吉村芳弘 先生

◇内容
・高齢者のサルコペニアとリハビリの現状
・リハ栄養の意義とアウトカム
・サルコペニア・フレイル予防を目的として栄養ケアの実際
・中鎖脂肪酸とMCTオイルの活用、パワーライス

 

開催概要
日時: 2020年10月23日(金)11:30~21:00

※本企画は上記時間内、再生可能なWEBセミナーです。上記時間内は、何度も視聴可能です。

動画再生時間:約60分
視聴環境:スマホ、PC等からのWEBアクセス
定員:5,000名(先着順)
対象:管理栄養士、NST 療法士、NST参画看護師、言語聴覚士、理学療法士など
費用:視聴のみ無料
申込〆切:10月22日(木)
レジメ:お申し込みいただいた方にもれなくPDFにて無料配布されます。

 

お申込はこちらから