効率的でより良いケアを実現するために
~排泄(排尿・排便)エコーが看護の現場を変える!

今回のテーマは「排泄(排尿・排便)エコーが看護の現場を変える!」と題して、ワイヤレスでポータブルなエコーを活用してより良いケアが提供できるようにと企画しました。

第一部では悠翔会在宅クリニック川崎の院長・宮原光興先生に在宅医の立場から、便秘評価におけるエコーの活用や便秘の原因の一つであるポリファーマシーへの取り組み、在宅医療、在宅看護の社会的意義についてご講演いただきました。

第二部では東葛クリニック病院の皮膚・排泄ケア認定看護師で看護師エコーの先駆者でもあります浦田克美先生に直腸肛門エコーやその他活用事例など現場での実際をご紹介いただきました。

ぜひともこの機会にご聴講いただけましたら幸いです。

第1部:
『在宅で排泄エコーを使う意義、在宅医の立場から~医師と看護師の連携など』
演者:悠翔会在宅クリニック川崎 院長 宮原 光興 先生

◇内容
・在宅医の立場から
・便秘評価におけるエコー活用
・ポリファーマシーへの取り組み
・医師と看護師の連携について
・在宅医療・看護の社会的使命

第2部:
『排泄エコーが看護の現場を変える!~エコーを使えば排泄ケアが変わる』
演者:東葛クリニック病院 看護部 特定看護師(創傷管理分野)
皮膚・排泄ケア認定看護師 浦田 克美 先生

◇内容
・看護師がエコーしていいですか?
・五感の可視化、看護革命到来
・看護が変わる、排泄ケア編
・腸内をエコーで診る!
・エコーを使えばわかることできること

※第1部と第2部の間に、富士フィルム様による製品紹介が約5分ほどございます。

開催概要:

日時:7月31日(金)
申込〆切 7/30(木)
配信時間:11:30~23:00
※本企画は上記の時間のみ再生可能なWEBセミナーとなります。上記時間内は何度も視聴可能です。

動画再生時間:約75分
費用:無料
定員:5,000名(先着順)
対象:看護師、訪問看護師、在宅支援診療所看護師など
視聴環境:スマホ、PCからのWEBアクセス

レジュメ:視聴後アンケートにご協力いただいた方に富士フィルム様HPよりPDFにて無料で配布させていただきます。

お申込はこちらから