ナースの星では「よりよいケアを患者に提供したい」という想いを持つ看護師を応援するために、定期的にWEBセミナーを開催しています。今回は、飲み込みのメカニズム・摂食嚥下障害の原因やリスク・アセスメント方法・食べ続けるために必要なこと・とろみの粘度と測定方法など、摂食嚥下にまつわる情報を分かりやすくまとめた講義になっております。
講師は相模女子大学 栄養科学部 管理栄養学科の望月弘彦先生です。
望月先生は病院にて栄養障害や摂食嚥下障害の患者さんのケアに関わり、日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)の代議員や神奈川摂食嚥下リハビリテーション研究会の世話人も務められており、地域の在宅医療に関わる医療・介護従事者への情報提供を行っておられます。ぜひ、今後のケアにお役立て下さい。

講演 最後まで食べる楽しみを続けるために
~摂食嚥下障害のメカニズム・アセスメント方法・とろみの粘度と測定方法について~

講師:相模女子大学 栄養科学部 管理栄養学科 望月 弘彦 先生

日時:2019年12月2日(月)13:00~22:00 (セミナー時間:約40分)

※本企画はWEBセミナーです。上記の時間のみ再生可能です。配信時間内にご都合に合わせてご視聴ください。

費用:視聴のみ無料/レジュメあり(白黒)1,650円/レジュメあり(カラー)2,750円

申込締め切り:視聴のみ→前日12月1日 レジュメ申込→11月20日

対象:看護師、管理栄養士、訪問看護師、退院調整看護師、PT・ST・OT、NST関連職種全般

詳細はこちらへ