2018年の診療報酬・介護報酬の同時改定は、2025年に向けたラストチャンスと言われており、国がめざす将来像が読み取れます。これからの訪問看護には何が求められているのか、公益財団法人日本訪問看護財団の佐藤美穂子常務理事をお訪ねし、お話をうかがいました。

続きはこちらから