今回は『感染制御および感染症治療における薬剤師の役割』と題して、高齢者の増加による医療関連感染のリスク増大や耐性菌の拡大、新興感染症によるパンデミックの危機、医療チームの一員として求められている薬剤師たちができることから感染制御や感染症治療に関わる薬剤師の認定制度、推奨されている病院内における薬剤師の感染制御活動まで、箕面市立病院の四宮聡先生にご企画いただき、岩手医科大学の感染制御専門薬剤師である小野寺直人先生にご講義いただきます。
感染制御において薬剤師はどう動くべきか、またチームの人たちは薬剤師をどう生かすべきなのか、薬剤師のみならずICTに関わるすべての関係者に受講していただきたい内容となっております。セミナー受講はお昼の時間帯からご覧いただけますので、ランチョンセミナーや勉強会等にも是非ご活用くださいますよう、奮ってご参加下さい。

講演:感染制御および感染症治療における薬剤師の役割       
企画:箕面市立病院 感染制御部副部長
     感染管理認定看護師 四宮 聡 先生

演者:岩手医科大学附属病院 感染制御部 副部長
  感染制御専門薬剤師/抗菌化学療法認定薬剤師 小野寺 直人先生

◇内容
・医療施設等における感染制御活動の重要性
・身近に迫る新興・再興感染症の脅威
・感染制御や感染症治療に関わる認定制度
・推奨されている薬剤師の感染制御活動
・薬剤師による感染制御活動Q&A

■開催概要

日時:2020年9月17日(木)・23日(水) 11:30~14:00 16:30~21:00

注意:本企画は上記時間内、再生可能なWEBセミナーです。上記時間内は、何度も視聴可能です。
両日とも、同じ内容の配信です。1回のお申込で、両日ご視聴いただけます。

動画再生時間:約40分

視聴環境:スマホ、PCからのWEBアクセス

定員:1,000名(先着順)

対象:薬剤師、感染管理に携わる看護師および医療従事者の皆様

視聴環境:スマートフォン、PCからのWEBアクセス

 

お申込はこちらのフォームから